先人が残してくれた知恵の結晶であることわざと四文字熟語を生かす

ことわざと四文字熟語でラッキーな毎日になる

ことわざ

台風の目

投稿日:

いままさに台風10号が沖縄に近づいてきています。

ここ九州でも通り道になる可能性が高いため今日は朝から

明日の台風襲来に備えて窓に打ち付ける板を購入して補強をしていました。

 

ただ付け焼刃になる可能性は高いのですが指をくわえてみているわけにも

いかずホームセンターに材料を買いに行きました。

今日は”台風の目”について書いてみたいと思います。

昔の人も当然のように知っていた台風の目

台風の目というと解説してあるサイトから引用ですが。

この雲のの外壁は同時にを囲む台風そのものの広大な雲の内壁でもある。 ...

転じて、「激しく動いている物事の中心にあり、それを引き起こす原因となっている人や物」という意味の慣用句としても使用される。

https://www.weblio.jp/から引用

このように大きく変化している現象の中心にいる人物や物を指していますね。

現実的には雲のない空洞の部分を台風の目と呼びます。

 

台風の右側の地域は台風の回る方向との関係から非常に雨や風の災害が多いとされています。

これは台風の渦の巻き方に原因がありました。

反時計回りなんです。

 

そのために右側に当たる地域は災害が多いんですね。

つまり進行方向の右側にあたる地域が暴風域になります。

台風の諺通りに政界が動くとなると、、、

 

総理大臣3期務めた安部総理が健康問題を理由に総理を退くことを

発表しましたね。

 

となるといま立候補している

菅さん、石破さん、岸田さん

この3人のなかで誰が総理大臣になるのかを考えてみました。

 

あくまでもここは諺のサイトなのでその点ご理解しながら読んで下さいね。

 

菅さん

この方はたたき上げの苦労人として政治の世界で頑張ってきました。

安部総理の官房長官として女房役をこなしてきたのはまさに意志の力が

物凄く強い政治家ですね。

 

個人的には好きなタイプの政治家ですがこれからの日本を引っ張っていく

リーダーシップがあるのかは未知数ですね。

石破さん

この人が一番よくわかりません。

何故って?

一度自民党を離党して再度戻ってきているからです。

それも数々の政党を渡り歩いてきました。

ただ発言等を聞いているのわかる部分もあるのですが

この3人のなかでは謎の人です。

岸田さん

そつないエリート政治家という印象を持ちますね。

また幼少期の外国暮らしも役に立っているのか外務大臣などもこなしています。

 

日本がこれから外交に力を入れてゆくには一番いい候補かも知れません。

年齢も石破さんと同じ63歳で若い。

期待が持てる政治家ですね。

 

じゃあ、いったい台風の目になるのは?

 

3人の政治家をわたしなりに見てみましたがじゃあ台風の目となる

総理候補って誰だ?

 

こう考えてみると

石破さんですかね、、、、

 

政治的な駆け引きや人気や将来性やリーダーシップなどは抜きにして

諺的に考えてみると

 

石破さんになる可能性は高いような気がします。

 

わかりませんよー

 

あくまで諺的な良そうなので。

 

菅さんが一番官僚にも信頼が厚く順当な気もしますが

また岸田さんも外務能力に長けているのでなってもおかしくはありません。

 

ただこれから来る台風のように意外な人物が総理になってもおかしくはありません。

ただただ今は明日の台風が進路を変更してくれることを切に願うばかりです。

 

お読みいただきありがとうございました。

-ことわざ
-

Copyright© ことわざと四文字熟語でラッキーな毎日になる , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.